無線LANとして用いられるwifi

通常、インターネットを利用するためには有線ケーブルが必要となりますが、スマホなどで接続する場合は、ケーブル類が使えないというデメリットが存在します。こういったデメリットを解消し、ケーブル無しでインターネットに接続する方法としてwifiが用いられます。ここでは、wifiの特徴と仕組みに加えて、使用する際の注意点などを説明していきます。

接続スピードが速い

無線LANとして用いられるwifiですが、非常に接続スピードが速いのが特筆すべきメリットです。主にスマホで活用するキャリア回線に比べて、ワイヤレスルーターで使えるwifiの方が高速通信が可能です。…

スマホやゲーム機等でも利用できる

ネットと聞くと、パソコンで操作するもの、と頭の中に1番に浮かぶのではないでしょうか。かつてゲームなどはゲームセンターに赴いたり、ディスクの中で完結するものでした。しかし、昨今のネットワーク事情はそ…

セキュリティ面もしっかりしている

wifiはセキュリティのこともしっかり考えられている!

無線LANとして用いられているwifiは、ケーブルで繋ぐことなくどこでも簡単にインターネットに接続できる便利なものですが、その分セキュリティ面が気になりますよね。wifiは様々なセキュリティ対策がされているため、安全に利用できるようになっています。例えばwifiは、まずアクセスキーとパスワードを入力しなければ接続できません。これがあるおかげで、自宅のwifiに他人が勝手に接続できないようになっています。また、WEPやWPA、WPA2など様々な暗号方式を用いてセキュリティ強度を高めています。しかし、どれも100%リスクがないというわけではありません。WEPよりWPA、WPAよりWPA2というようにセキュリティ強度は高くなっていくので、どんな方式で暗号化されているかも重要です。

wifiのセキュリティ面を強化するためのポイント

wifiは安全に使えるように、標準で様々なセキュリティ対策がされていますが、使い方次第でセキュリティが弱くなってしまう場合もあります。まず注意したいのがパスワードの設定です。wifiルーターの管理画面を開く時のパスワードは、自分で設定することができます。初期設定は分かりやすい単純なパスワードになっているため、セキュリティを強化するためにも分かりにくいパスワードに変更しておくことをおすすめします。 また、wifiルーターは最新のものほどセキュリティが強い傾向にあります。サイバー攻撃は日々新しい方法が生み出されているので、古いセキュリティでは対処しきれない場合があります。セキュリティ面を考えるなら、定期的に新しいルーターに買い替え、新しいサイバー攻撃にも耐えられるように対策しておいたほうがよいでしょう。

自宅以外でもインターネットが可能に

wifiはスマホなど携帯端末からでも使えるため、自宅以外からでもインターネットに接続できるといったメリットがあります。小売店や飲食店を始めとした場所では、スポットという形で多く設置されており、買い物や食事をしながら気軽にインターネットが楽しめます。

コンビニなどの小売店なら買い物ついでに利用できる

コンビニで買い物をするときには支払いが必要になりますが、最近は現金ではなくキャッシュレスで支払う人も多くなっています。クレジットカードや電子マネーはカードをいちいち財布などから取り出さなくてはなら…

飲食店等でも食事しながらインターネットを楽しめる

スポーツ観戦をする方法として実際に競技場に行く方法、地上波のテレビ放送を見る方法などがあります。それ以外にはネットで提供されるライブ中継を利用する方法があり、スマホなどを持っていればいつでもどこで…

公共施設や教育機関などにも幅広く設置されている

インターネットを自由に利用できる仕組みとしてWi-Fiがあります。LANケーブルなどは必要なくパソコンだけでなくスマホや携帯ゲーム機からでも自由にネットに接続して情報を得られるのがメリットです。世…